Office365管理~これは便利!レポーター~

Office365レポーター

Office365ブルーバージョン(Exchange Server 2013)では、レポーターが進化した。
Mail Protection Reports for Office 365」という製品がある。

この機能は、意外に知られていないかもしれない?結構、面白い情報が引き出せるのだ。

Office365レポーター

オレンジバージョン(Exchange Server 2010)では、FOPEと呼ばれる別製品での二重管理だった。ブルーバージョンでは、Excel 2013が必要にはなるが、ソフトをダウンロードして処理を行うという、クライアント側で処理してくれるレポーターに代わった。
プライベートのメールのため、そんなに多くはないデータ量だが、複数のシートで分類化され、レポートとして利用が可能。ファイルを保存すれば、オフラインでも利用できるため、非常に便利な情報かもしれない。

Office365受信スパム状況

たとえば、受信スパム状況もレポートが用意されている。ECP(Exchange Control Pannel)でIPアドレス範囲でブロックした情報も加算されて表示されるため、ポリシーがうまく機能しているかどうか、一目瞭然だ。

ただ、このレポーターを利用できるのは、ビジネスエディションのため、Enterprise以外は利用できないのでは?と考えられる。
Office365のいいところは、Enterprise版も1ユーザから利用できるため、贅沢な扱いかもしれない。