Office365のDNS設定(確認)画面はこうだ!

検索キーワードが高い「Office365」「管理画面」ということから、Office365の管理画面を出そう!

今回は誰もが気になるであろう、Office365をドメインに割り当てる方法、そう、DNS設定だ。

個人的に利用しているのが、E3 1ライセンス、Exchange Online 2ライセンスというスモールスタートの状況だ。
1ライセンスから利用できるのがマイクロソフトの優遇さ。

管理画面トップはこのようになっている。ここのところ、Exchange Onlineのサービス低下が発生していたが、今日は発生していない。

office365_top

セットアップをクリックした画面。この順番に沿って、ドメインの確認をしていく。
そのため、支援パートナーとかに委託しなくても、簡単にできてしまうのだ。安く仕上げたい場合には、自力でやってみよう。

office365_setup

ユーザーの追加画面。CSVで一括に流し込む方法、AD(Active Directory)と同期する方法、1ユーザずつ作成する方法が用意されている。

office365_users

続いてDNS情報の更新作業だ。
(参考)任意の DNS ホスティング プロバイダーで Office 365 用の DNS レコードを作成する(Microsoft)

office365_dns

設定し終わったら、MXTOOLBOXで、MX LOOKUPをかけてみよう。

確認ボタンかな?完了かな?それをクリックして、次のような画面になっていればフィニッシュだ!

office365_end

ウィザードが用意されているため、非常に簡単だ。
しかも、Enterprise版を契約していれば、Office365コミュニティーだけではなく、電話での対応をしてもらえるため、1名、2名でも、Enterprise版を利用することをお勧めする。

サービスリクエスト画面例。メールベースから、直接電話もかけられる。メールベースでも、緊急性に応じて、マイクロソフトのサポートから電話がかかってくるので、多忙な管理者でも安心に作業が可能だ。

office365-support

今ではOffice365販売パートナーが過剰に増えている。
(参考)購入方法(Microsoft)

ただ1つ注意点は、販売店A社に依頼し、途中からマイクロソフト直に変更したい場合、変更が難しい場合がある。例えば、NTTcomとか独自のサービス展開をされている場合、Office365への保存領域問題で対応できない場合があるので注意しよう。クラウドでありながら、データをAからBに移動してくれない。販売店に十分確認し、判断しよう。