Office365メール送受信容量が150MBに拡張された。その作業方法。

ユーザーメールボックスのメッセージサイズの上限が25 MB から 150 MB に拡張された。その方法につきましては、Exchange 管理センターもしくは、PowerShellで処理することができます。

以下に手順を記載いたします。

■ ユーザーメールボックスのメッセージサイズの上限を変更する方法
1. 管理者権限を付与したユーザーにて、Office 365 ポータルサイトにサインインします。
2. 画面左側のメニューから [管理者] > [Exchange]をクリックします。
3. Exchange 管理センター の左側のメニューから [受信者] > [メールボックス] をクリックします。
4. 変更を行いたいユーザーをダブルクリックします
5. 表示された画面の左側のメニューから [メールボックスの機能] をクリックします。
6. メッセージのサイズ制限より [詳細の表示] をクリックします。
7. [送信メッセージ] [受信メッセージ] それぞれの [最大メッセージサイズ] を入力し、[OK] をクリックします。
※サイズ指定は KB 単位でございます。150 MB 制限とする場合は、[153600] と入力し [OK] をクリックします。
8. [保存] をクリックします。

※ 設定が反映するまで、お時間がかかる事がございます。

なお、GUI 上での操作ではユーザー単位での設定となりますが、PowerShell を利用することにより全てのユーザーの設定を一括で変更できます。
以下にコマンドレットを記載いたしますので、ご参考にしていただければ幸いでございます。
PowerShellで処理する場合には、初期設定後に操作する必要があります。

■ 全てのユーザーの [送信メッセージ] および [受信メッセージ] のサイズを変更する方法
Get-Mailbox | foreach { Set-Mailbox -Identity $_.Identity -MaxSendSize “150 MB” -MaxReceiveSize “150 MB” }

■ [メッセージサイズの制限] の変更後の結果を取得するコマンドレット
Get-Mailbox | Select Identity, MaxReceiveSize, MaxSendSize

関連記事

  1. Office365用PowerShellコマンド整理

  2. オンラインストレージ「box」とOfficeアプリと連携する

  3. クラウドサービス。・・・されど中国。Office365が!

  4. 誤操作でOffice365ユーザを削除してしまった。ユーザ復元方法

  5. ECP メールの追跡

    Office365でスパム報告と追跡方法

  6. Office365メールへの添付ファイルをOneDriveに選択した場…

Translate:

各種検索





最近の記事

カテゴリー

アクセス数

  • 2315現在の記事:
  • 566345総閲覧数:
  • 86今日の閲覧数:
  • 363昨日の閲覧数:
  • 2226先週の閲覧数:
  • 7965月別閲覧数:
  • 366660総訪問者数:
  • 78今日の訪問者数:
  • 304昨日の訪問者数:
  • 1972先週の訪問者数:
  • 6707月別訪問者数:
  • 271一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。