標的型攻撃対策~攻撃マップで実態を把握する

Google Ideasとセキュリティ企業の米Arbor Networksと協力して公開されている、ほぼリアルタイムで表示が可能なDDoS(Distributed Denial of Service attack:分散サービス妨害)攻撃のデジタルアタックマップ(Digital Attack Map)が、非常に分かりやすい。よって、1つ前提条件としては、「Arbor社」が取得しているデータのみ、と考えられる。そのためか、日本への攻撃が少ないようにも思えてしまう。

attackmap

URL:http://www.digitalattackmap.com/

その他、リアルタイム(24時間以内)の攻撃・スキャン・攻撃元のトップ10などATLAS(http://atlas.arbor.net/)から見ることも可能だ。

attack

これらの脅威情報を一目で整理されている情報サイトとして、ARBOR Threat Hub(http://www.arbornetworks.com/threats/)といったウェブサイトがある。このハブから、これらの情報を取得できる。

IT管理者はいっぺん見ておくのもシステム導入への1つの上司への報告の資料となるだろう。