サイバー攻撃の可視化~リアルタイムで全世界の攻撃実態を把握する~

世界中の至る所で発生しているサイバー攻撃。これをリアルタイムで可視化しているサービスがある。

attack

ソース(攻撃元)中国の多さ、ターゲット(攻撃先)アメリカの多さ。セキュリティ会社(米)NORSE社提供によるIPViking Live(http://map.ipviking.com/)で確認することができる。

左下に頻繁に更新されているデータがあるのだけれども、TIMESTAMP(攻撃開始時間)・ORGANIZATION(攻撃を仕掛けている組織・LOCATION(攻撃を仕掛けて場所)・IP・LOCATION(攻撃されている場所)・SERVICE(攻撃されているサービス名・PORT(攻撃されているポート番号がリアルタイム表示されている。

世界40カ国、160箇所のデータセンターに設置したハニーポットから収集されたもので、1日200TBにものぼるようだが、セキュリティ上の問題により、一部をリアルタイムで更新、公開されているようだ。

おすすめの記事