VMware Fusion 7 にWindows Server 2016 Technical Preview 2をインストール

VMware Fusionの評価として、Windows Server 2016 Technical Preview 2をインストールすることにした。実際には、Win7 / 10やCentOS7とかインストールしてはいるのですが。

このMacBook Proには16GBのメモリを積んでいるお陰で、複数のOSを立ち上げられる。こういう意味合いもあって、メモリを最大にした。

fusion

左上の「+」で仮想マシンを追加することができる。ここでは、ISOイメージを展開していくため「新規」を選択します。

fusion

インストール方法を選択します。

fusion

今回は利用しませんが、右下の詳細なオプションをクリックしたら、次のような画面が表示される。

fusion

今回は、この1つ前の画面で「続ける」をクリックします。ダウンロードしたisoファイルを選択して、完了をクリック

fusion

当然だけれども、windows server 2016が無いので、2012で選択。

fusion

こんな感じで、インストールされる。メモリ等の修正は、電源OFF後に、設定から変更ができる。

fusion

さて、Windows Server 2016 Technical Preview 2(以降、WinSv2016と略す)をインストール開始となる。

windows server 2016

日本語の選択があった。

windows server 2016

with admin toolの方を選択してみた。

windows server 2016

インストールが激速だった。MacBook Proのすごさなのか、OSが軽いのか、わからない。

windows server 2016

 

最初にパスワード変更となった。ちなみに、admin toolを選択していない場合は、CUIモードでパスワード変更画面が出てきた。

windows server 2016

windows 10のように、スタートメニューは標準で用意されていなかった。後ろ側で、DOS画面が動いていた。画面的に、Windows Server 2012と変わらない。

windows server 2016

これではやや使いにくいかもしれないので、Windows 10のように、スタートメニューを用意したい。これにはサーバーマネージャーからAdd roles and featuresを選択しUser Interface and InfrastructureからServer Graphical Shellをインストールすれば良い。

Windows server 2016

Nextをクリックする。

Windows server 2016

Nextをクリックする。

Windows server 2016

該当のローカルサーバを選択する。

Windows server 2016

ここでは、特に選択しない。Nextをクリックする。

Windows server 2016

ここで機能の追加だ。User Interface and InfrastructureからServer Graphical Shellをチェックして追加する。Nextをクリックする。

Windows server 2016

インストールする内容を確認。問題なければInstallをクリック。

Windows server 2016

再起動・・・shutdown /r /t 0 /f で再起動。後ろにコマンドプロンプトが隠れているので、作業はしやすい。

windows server 2016

ログイン画面がシンプル

Windows server 2016

 

スタートメニューが表示された。

Windows Server 2016

ちなみに、ver.10なんですね。

windows server 2016