OneDrive for Business をMacで作業したい。

私物PCをMac(兼 VMware Fusion内にWin7 Ultimate)でデータ共有する場合、Fusionの場合は、デスクトップに保存すればMacのデスクトップに保存されるため、あまり苦にはしていないが、WebDAV接続ができれば便利だな〜というTwitterユーザさんからの声があったので、挑戦してみた。

fusion

WebDAV接続うまくいかなかった・・・・。

(参考)Mac OS X (10.4以降) でのWebDAV接続

OneDriveはMac版はあるけれど、OneDrive for BusinessのMac版はまだ公開されていない。これは困った・・・。

(参考)OneDriveダウンロード(Microsoft)

OneDrive

 

調べていくと、mac版はなんと!β版が公開されていた。

(参考)Mac および iOS デバイス向け OneDrive for Business の更新情報(Technet)

→ Download:OneDrive for Business Mac sync client Preview

OneDrive for Mac

早速、ダウンロードしてみた。一応、インストール中は使用許諾著内容以外は「日本語」だ。

OneDrive

インストールが完了し、ログイン画面が表示。
一応、念に押すけれど、OneDrive for Businessの場合。Office365ユーザー用だ。無償のOneDrive用のアプリはAppStoreに既に公開されているので、利用しておこう。

OneDrive

OneDriveをどこのフォルダに設定するか、セレクトする画面。

OneDrive

出来上がったメニュー名をわかりやすく変更したら、再度ログイン画面に遷移した。
私は、会社と個人とで、Office365のアカウントを1つずつもっているため、メニューを分けてみた。

OneDrive

こんな感じに。
赤枠に示したOneDriveのメニューは別々のIDのものだ。しかし、見事にログインを切り替えて利用できている。
これは実に便利だ。
私の会社はUSBメモリの利用が許可されているが、USBメモリの紛失や脆弱性度からみて、ほぼOneDriveでUSBメモリ代わりに利用している。

onedrive

これは、かなり画期的に使いやすいアプリではないだろうか。WebDAV的に利用できている気がする。
しかも、複数のIDのOneDriveを交互にシームレスに切り替えることもできた。これは便利にちがいない。

 

Windows PCにおいては、One Driveもあったりするけれど、やはりWebDAVの方がネットワークドライブかのような使い方ができるため、便利かもしれない。
PCのOneDriveアプリは、いまひとつで、やや使いにくい。

OneDrive