Windows10累積アップデート「KB3081424」に無限ループの恐れ

Windows10からアップデートの仕組みが大きく変わった(強制的にアップデートな)わけですが、累積アップデートに無限ループの恐れ情報が上がっています。

(参考)「Windows 10」累積アップデート、一部ユーザーに再起動ループの問題(ZDnet)

該当パッチは「KB3081424」で、8月5日に公開された模様。インストール→失敗→インストール→失敗・・・と永遠に繰り返される模様だ。

一方で、「KB3081424」は、良い声もある。

(参考)Windows 10の累積的な更新プログラム「KB3081424」(子豚のココのお勧め商品 joyeux cochonnet)

このブログによると、「以前に「Service Release 1」とも呼ばれているもの」ということもあり、Windows10の機能強化が期待されるというようなものだ。

 

Windows10の自動アップデートにより、常に最新なOSでセキュリティを保たれるというメリットの裏に、多種多様な機器メーカから出ているPCということから、ドライバの兼ね合い上、障害を引き起こす問題もある。そう、上のZDnetの記事のように。その回避として、次の記事がある。

(参考)「Windows 10」自動アップデートを回避するツールがリリース–Insider Preview(ZDNet)

自動アップデート問題より、私の会社でもWin10導入推進派の部下に対して、色々な諸事情の問題で、Win10にはあげられないんだよね、とごまかしていた。

これが、今回の累積アップデートには含まれていないらしい「KB3073930」。

少しぐぐっていると、詳しいブログを見つけた。

(参考)KB3073930のトラブルシューティングツールで、Windows Updateをコントロールする(パソコンのツボ ~Office のTIP)

このブログによると、Windows 10 Homeユーザだけが自動アップデートのような記載がある。アップデートを隠すか表示するかを示すツールの模様。ん〜、Homeユーザが、いちいちこれをやってられるか?と思ってしまいそうですが。

(参考)Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介(日本のセキュリティチーム)