Office365って、こっそりアップデートしている。

Office365のメニューに、個人アプリを簡単に追加できるようになった。上に表示されているのは、boxとSSO(シングルサイオン)したものを追加してみた。

追加方法はいたって簡単で、アプリの右上にある「…」をクリックすると、「アプリランチャーにピン留めする」をクリックすれば、とまることがわかった。

Office365

ちなみに個人アプリは、おそらく管理者でなければ追加できないような気がする。色々とSSOチャレンジしてみたが、できるの、できないの、様々だ。

Office365

このような感じで個人アプリは追加できるが、AzureADから登録することになる。詳細は、アクセスパネル(過去記事)を参考いただきたいところですが、詳しく書いていませんでした。(※改めていつか、書きますね)

AzureAD

 

このような感じで、AzureADから追加をし、どのユーザーに紐付けるか設定することで、アクセスパネルに表示されることになる。それを、先ほどのアプリランチャーに追加できる、ということのようだ。

ある意味、ランチャーに追加できれば、アクセスパネルからログインする必要性も無いような気がする。

 

Office365については、当ブログ「まとめ」にも記載しているので、参考ください。