ルートドメインのDNSサーバ

DNS(Domain Name System)サーバは、インターネットを利用することで欠かせないシステム。このシステムが落ちていれば、インターネット接続がおかしくなるという、非常に重要なシステムだ。そのDNSサーバの骨格を握る、ルートドメイン。これが、世界にたった13台しかなく、そのうち1台は日本で10台はアメリカ合衆国だという。

DNS調査コマンドは、nslookup。windowsだけでなく、macでも同じだね。

wikipediaから引用。

頭文字 IPv4アドレス 古い名前 管理者 サーバ所在地
A 198.41.0.4 ns.internic.net 米国 VeriSign エニーキャストによる負荷分散
B 192.228.79.201 ns1.isi.edu 米国 南カリフォルニア大学情報科学研究所 米国 マリナ・デル・レイ
C 192.33.4.12 c.psi.net 米国 Cogent Communications エニーキャストによる負荷分散
D 199.7.91.13 terp.umd.edu 米国 メリーランド大学カレッジパーク校 米国 カレッジパーク
E 192.203.230.10 ns.nasa.gov 米国 アメリカ航空宇宙局 米国 マウンテンビュー
F 192.5.5.241 ns.isc.org 米国 Internet Systems Consortium エニーキャストによる負荷分散
G 192.112.36.4 ns.nic.ddn.mil 米国 アメリカ国防情報システム局 エニーキャストによる負荷分散
H 128.63.2.53 aos.arl.army.mil 米国 アメリカ陸軍研究所 米国 アバディーン
I 192.36.148.17 nic.nordu.net スウェーデン Autonomica エニーキャストによる負荷分散
J 192.58.128.30 米国 VeriSign エニーキャストによる負荷分散
K 193.0.14.129 オランダ RIPE NCC エニーキャストによる負荷分散
L 199.7.83.42 米国 ICANN エニーキャストによる負荷分散
M 202.12.27.33 日本 WIDEプロジェクト エニーキャストによる負荷分散

エニーキャストとは、ブロードキャストのように同報するわけだが、ネットワークが一番近いIP(IP体系が同じIP)に対して、データを送信する仕組み。

しかし、◯◯キャストって多いね。ネイバーキャストは、セグメントを越えずに、ご近所のIPに対してデータを送信だっけな。

VeriSignは、今はシマンテック社だっけな。

(参考)
Root Server Technical Operations Assn
最新のルートドメイン情報(internic)

 

 

未分類