DVD Shrink 日本語版 配布サイト・収録出版社関係者が著作権法違反による検挙

(参考)

DVDリッピングソフト配布で初の著作権法違反による検挙。リンク行為も幇助に(impress)
著作権 Q&A (公益社団法人著作権情報センター)

 

DVD Shrinkって懐かしいな〜。DVD Shrink日本語版のリンクを掲載していたサイト関係者および、そのファイルを収録していた出版関係者が検挙された。しかし、リッピングにあたって、コピーガード(DRM)を回避してデータだけ取得する手法だったため、長い間グレーゾーンだった。それが、2012年のコピーガード回避規制によってリッピング処理が違法となった。アップした人だけでなく、著作物と認識した人がダウンロードしたとしても、著作権違反として取り扱われることとなり、注目を浴びた出来事だったと思う。これにより、次々とこのネタが減ったと思いきや、まだ存続していたんですね。

ちなみにAnyDVDにおいても、コピーガードを一時的に退けたりする機能が有効になっていれば、違法行為となる。改めて著作権法について、確認された方が望ましい。なお、今回の検挙を受け、リッパー関係ソフトの利用を終了されることが望ましい。

インターネットを何気なく利用にあたって、「著作権」という認識度が低いような気がする。YouTubeに堂々とDVDやTVの映像をUPしている人が多すぎる。それ自体に著作権はあって、YouTubeに載せることで、アクセス数によって広告料金が得られる(らしい)というのは、著作権違反甚だしい。

映像だけでなく、音楽だって、投稿記事だって、インターネット記事だって、様々なものに著作物があって、著作権があることを、見つめ直すいい機会だ。