Office365 低優先メールClutterとは?

Office365新機能、Cluter(クラッター、意味:散らかっている)という人工知能による機能が追加された。
(参考)
米MS、人工知能による重要メール識別機能「Clutter」をOffice 365で提供開始(impress)
Office 365 の受信トレイを整理する Clutter 機能を発表(Technet ExchangeブログJapan)
すべてのユーザーの受信トレイに対して Clutter 機能をPowerShellで一括有効化(Japan Office Official Blog)

こんな感じで自動振り分けされている。どのような感じで振り分けされているかは、あんまりよくわからないorz

Clutter

受信トレイに入っているメールで低優先メールに移動したい場合には、メール見出しを右クリックし、「低優先メールに移動」を選択すれば移動できる。
一方で、低優先メールに入っているメールを受信トレイに移動したければ、受信トレイに移動というメニューを選択すれば、移動は可能だ。

Clutter

この、低優先メールの機能 有効/無効には、設定が必要だ。
[オプション]-[メール]-[自動処理]-[低優先メール]から行える。

Clutter

低優先メール(Clutter)フォルダの作成時に新しいフォルダー用の既定のポリシーが適用される(このポリシーは後で変更可能)が、ゴミ箱のように自動削除は行われないという。なお、ブラウザベース上のOutlook(Outlook on the web, 旧OWA)では、低優先メールをすばやく削除するための Clutter 固有のクイック クリーンアップ ツールが用意されている。

Clutter

活用しよう。なお、Office365 for Businessの機能ということで、一部利用ライセンスで利用できないライセンスがあるかもしれないので、気をつけよう。