Office365メールの受信許可・受信拒否の設定方法

Outlook on the web (旧OWA:Outlook Web App)ではスパム(迷惑)メール対策機能(迷惑メールフィルタ)によって、迷惑メールと判定されたメール は自動的に「迷惑メール」フォルダへ保存されます。しかし、利用者自身が希望している通りに、迷惑メールフィルタが機能するとは限りません。よって、利用者にとって迷惑メールではないものが、Outlook on the webの独自の判断で迷惑メールと見なす場合があります。届くはずのメールが届かない 時は、「迷惑メール」フォルダを開いて、迷惑メールとして分類されていないか確認してくだ さい。また、利用者にとって迷惑メールではないメールが Outlook on the webによって迷惑メールと見なされた場合は、その送信者のメールアドレスを「信頼できる差出人と宛先のリスト」 に追加することで、そのメールアドレスから送られてきたメールを 迷惑 メールと認識しないよう設定できます。

 

Office365メール(Exchange Online)を利用していて、迷惑メールフォルダに毎回振り分けられたり、迷惑メールフォルダに振り分けて欲しいメールの設定については、任意で設定が可能です。

右上の歯車マークから、「オプション」をクリックします。

オプション

メール→アカウント→許可/拒否をクリックすると、「信頼できる差出人と宛先のリスト」登録画面・「受信拒否リスト」登録画面が表示されます。

信頼できる差出人

追加する場合には、入力欄に必要事項を入力し「+」をクリックします。修正する場合には、一覧(リスト)から該当アドレスを選択し、鉛筆マークをクリックします。一覧(リスト)から削除する場合は、該当アドレスを選択した状態でゴミ箱アイコンをクリックします。

これらのリストに登録するアドレスは、Emailアドレスもしくは、@右側のドメインのどちらかで登録できます。
例えば、sample@itnews.jp の場合、Emailアドレスで登録する場合には「sample@itnews.jp」となり、ドメインで登録する場合には「itnews.jp」となります。
正常なメールが迷惑メールと判断された場合、「信頼できる差出人と宛先のリスト」に、これらのメールアドレスやドメインを追加することで誤検知を防ぐことができます。

修正したり追加したり削除して、情報を反映するために、必ず「保存」をクリックしましょう。でなければ、反映されません。

設定の保存

 

迷惑メールフォルダに振り分けられたメールを、「信頼できる差出人と宛先のリスト」に登録する場合には、メールを右クリックをし、「迷惑メールではないメールとしてマーク」をクリックすることで、登録されます。

ホワイトリスト

本来、迷惑メールフォルダに振り分けられるメールが、受信トレイに届いた場合、「迷惑メールとしてマーク」をクリックすることで、「受信拒否リスト」に登録されます。

ブラックリスト