Amazon Fire TV Stick 開封の儀

Apple TVをすでに購入しているものの、Amazonプレミア会員なら今なら3,000引きといううたい文句に乗せられ衝動買いしたFire TV Stickについて開封の儀を行う。
また、305円のAirPlay受信アプリを使えば、iPhone6の画面をFire TV Stick経由で映し出せることも確認済み。低価格ながら、素晴らしい製品でした。

シックな色だ。非常に楽しみ。

Fire TV Stick

USBスティックから電源供給されず、ACケーブルが付属されている。そういうものなのか?てっきり、USBから電源供給されるもんだと思った。
ACケーブルが意外に太め。

Fire TV Stick

USBを差し込んで、入力切り替えをしたら、こんな感じで中の人が話してくれる。
ちなみに、リビングにあるSONY Braviaでは機能してくれなかった。 Braviaにインストールされているアプリに、Amazon TVがあるので、いらないって言えばいらないのだけれども。

Fire TV Stick

こんな感じで説明してくれた。ユーザーID等が既に組み込まれているので、すぐに使える状態だった。

Fire TV Stick

音声認識モデルを購入したわけだが、マイクボタンを長押ししてしゃべる、というもの。なかなか認識率は高い。

Fire TV Stick

ちなみに、Apple Play用の安いアプリ「AirReceiver」(¥305)があったので、購入して手元にあったiPhone6を繋げてみたら、見事につながった。

アソシエイトでリンクしたら中国語?だ。大丈夫かぁ???

Apple Playだけのために、高いApple TVを買うより、Amazon Fire TV stickを買うのもいいのかもしれない?

英語表記ですが、感覚でやれば、なんとかなるもんだと思う。つなげるのに2、3分程度で完了したので、あっさり成功すると考えられます。