Office365メール基本機能を使いこなす

前提条件:Office365 E1 利用 をベースに記載しております。
また、更に詳細なOffice365設定方法を参考なられたい場合には、上記タブのOffice365をクリックしてください。

この資料では、Office365のID(メールアドレス)が発行された初めての利用に関して簡単に記述しております。IDを入手したら、まずパスワード変更!それにあわせて、必要な設定をいくつかされた方が良いでしょう。

<Office365へのログイン>

(参考)Office 365 にサインインする場所(Microsoft)

有償のOffice365のログインは、http://portal.office.com/ となりますが、最終的に自動転送され、https://login.microsoftonline.com/ がログイン画面となります。

 

<ログイン後の処理>

Office365 E1では、ExcelやWordやPowerPointのオンライン編集サービスが利用できるため、機能の選択ができます。

office365ログオン後画面

メールをクリックします。

Office365メール画面

すべてフォルダを表示させる場合には「その他」をクリックします。

Office365メール画面2

<パスワードの再設定>

パスワードを変更する場合には、右上の「歯車」から「Office365の設定」をクリックします。

Office365個人設定

この画面から、パスワードの再設定ができるようになります。

Office365パスワード設定

<メール表示画面をシンプル(OWA Light)にする> ※機能制限されるため、あまりお勧めしません。

メールが開いている画面から、右上の「歯車」をクリックし、次に「オプション」をクリックします。

Office365オプション

全般メニューにある「Lightバージョン」をクリックし、チェックを入れます。

Office365OWAlight

<ユーザー情報を修正する>

このオプションを開いている状態から、「全般」から「マイアカウント」をクリックします。
ユーザーIDは、システム内部で利用している関係上、ユーザー側では修正できません。しかし、退職等で次の人に情報を引き継がせたい場合には、システム管理者側で修正は可能になった。

Office365ユーザ情報修正

<日付や文字がおかしい。修正する>

オプションを開いている状態から、「地域とタイムゾーン」をクリックし修正します。

Office365タイムゾーン

<オフライン(インターネット非接続)でも利用できるようにする>

Webメールでありながら、オフラインでも利用できるのがOffice365の特徴だ。ただし、共有PCで利用されていると、セキュリティ上に脆弱性が発生するため、利用上に色々と制約がでてくるので注意が必要だ。

オプションを開いている状態で、「オフライン設定」をクリックし、チェックを入れて有効にします。

Office365オフライン設定

<メール署名設定>

メール作成や返信時に署名をつけたい場合には、メール→レイアウト→メールの署名から、作成できます。

Office365メール署名

<連絡先(アドレス帳)のインポート>

ついにインポートができるようになりましたね。Excel上で管理されているのであれば、一度、Outlook経由で更新かけた上で取り込めば良いですね。
(参考)Outlook Web App を使って連絡先をインポートする(Microsoft)

Office365アドレス帳インポート Office365アドレス帳インポート2