Office365 コンプライアンス

Office365コンプライアンスセンターからOffice365プロテクションセンターに切り替わりつつある。

(旧)コンプライアンスセンター

コンプライアンス

(新)プロテクションセンター

コンプライアンス

—————

ここでは、旧コンプライアンスセンターがどうだったのか、について説明していこう。

(参考)Office 365 コンプライアンス センター(Technet)
Office365コンプライアンスセンターでは、電子情報開示検索および保留の管理、モバイル デバイスのアクセスの管理など、組織のすべての Office 365 のデータのコンプライアンスを管理できる。

アーカイブ(インプレース)

Office365アーカイブは、インプレースアーカイブと呼ばれ、訴訟等で法的証拠開示要件が発生した時に利用できるメールボックスとして利用できる。ただ、Exchange online プラン2のライセンスが必要だった気がする。但し、Office365 E3以上のプランは含まれている。訴訟対応にできるため、Office365を導入した場合にも、あわせて導入しておきたい。

(参考)Office365監査~訴訟ホールド(2014/02/07)

インプレース

 

モバイルデバイス管理

モバイルデバイス管理ポリシーでは、結構きめ細かく設定できるようだ。

モバイルデバイス管理 モバイルデバイス

Data Loss Prevention管理

データ損失防止として、SharePoint OnlineとOneDrive for Businessに対して制御できる模様。実際、私はこの編は使いこなせていないため、申し訳ないけれども分かりません。

DLP

レポート

レポート

例えば、監査ログレポートとして、幅広いチェックができる(ことが分かった)。

監査

検索

検索では、次のように幅広く検索ができる。ソースは、メール、サイト(SharePoint)から行える。

検索

 

こう見てみると、コンプライアンス管理がしっかりしているため、SharePointを効率良く活用することで、無駄なシステム投資を避けることができるかもしれない。