SQL Server 2012 Express インストール手順

システムの検証するため、SQL Server 2012 Expressのインストールが必要だったため、インストールメモを投稿したい。
結構、ネットでぐぐっていたのだけれども、結構みあたらなかった。

取得先:Download Microsoft SQL Server 2012 Express(マイクロソフト) ※SQL Server 2012 SP2 Expressならこちら

なお、インストールにあたって、.NET Framework 3.5 SP1 または .NET Framework 4 が必要だったりするので、注意ください。
インストールにあたっては、CreativeWebを参考にしました。ありがとうございました。

 

1)64bit OSには、「SQLEXPR_x64_JPN.exe」をインストールします。Wクリックします。

sql2012-01

2)「SQL Serverの新規スタンドアロンインストール〜」をクリックします。

sql2012-02

3)ライセンスに同意し、次へをクリック

sql2012-03

4)製品の更新プログラムの画面、次へをクリック

sql2012-04

5)セットアップ内容、任意で洗濯し、次へをクリック。デフォルトでは、すべてにチェックが入っていました。

sql2012-05

6)インスタンスの構成では、初期値のまま次へをクリック

sql2012-06

7)サーバーの構成。SQL Server 2008 Expressの場合は、アカウント名を指定する必要があったのですが、2012の場合は初期値のまま次へでOK。

sql2012-07

8)sa=SQL Serverのシステム管理者と記述してくれています。2008のと大違い。明確になってよかったです。希望のパスワードを入れ、次へ。

sql2012-08

9)通常は、デフォルトのまま、次へをクリック

sql2012-09

10)インストール完了。閉じるをクリック

sql2012-10

11)Windows Server 2012の場合は、このような画面になっています。動作確認のため、SQL Server構成マネージャーをクリック。

sql2012-11

12)問題ないですね。TCP/IPを有効にしておきましょう。SQL Serverネットワークの構成から、SQLEXPRESSのプロトコルをクリック。TCP/IPを右クリックして「有効」をクリック

sql2012-12

13)OKをクリック。SQL Serverを再起動すれば有効となります。

sql2012-13

 

なお、コマンドでサービスを制御する場合には、次のようにコマンドで処理できます。

  • サービスを開始:  net start MSSQL$SQLEXPRESS
  • サービスを停止:  net stop MSSQL$SQLEXPRESS
  • サービスを一時停止:net pause MSSQL$SQLEXPRESS
  • サービスを再開:  net continue MSSQL$SQLEXPRESS

(参考)サービスを開始、停止、一時停止、再開、または再起動する(マイクロソフト)

 

未分類