Office365パスワード変更方法

Update: 2015.07.20

パスワードは「情報漏洩保護」対策のためにも、定期的に更新しましょう。また、同じパスワードを流用していますと、1つが漏れると、立て続けに不正ログインできてしまいますので、オリジナルなパスワードをつけるようにしましょう。

 

複雑なパスワードを作成する方法として、設定する文字(英数字)のどれかを記号にしてみる。例えば、「password」というパスワード文字列にした場合だと、すぐにログインされる可能性があります。
但し、これに5月5日を後ろに追加してみます。「password0505」。これでもパスワードはもろいため、oを「@」にしてみます。「passw@rd0505」だと、結構強くなってきました。
次に0をアルファベット大文字で順番に付け加えてみます。「passw@rdA5B5」。これは意外に頑丈かもしれません。①大文字・小文字が入っている。②記号が入っている。③8字以上である。完璧ですね。
また、ベースとなる文字列を、好きなセリフをローマ字で設定する方法もあります。英単語より、ローマ字の方が強力です。さらに強力にするには、英単語をローマ字読みにする、という方が更に強力ですね。
例えば、「english」をローマ字読みにすると「ingulissh」。これは英単語ではないですし、ハッキング用の辞書にも登録されるわけはありません。これに、先ほど触れた、パスワード作成に関してのルールを割り当てていけば、オリジナルの最強パスワードが出来上がるわけです。

 

1)メール画面から、右上の歯車をクリック、Office365の設定を順にクリックします。

office365パスワード設定

2)パスワードの変更をクリック

office365パスワード設定

3)現在利用しているパスワードを入力し、新しいパスワード、確認のために、入力した新しいパスワードを入力し、「送信」をクリックします。

office365パスワード設定

これにより、パスワードが更新されます。なお、パスワードを紛失した際に、任意で修正できるよう、アクセスパネルから、必要な情報を登録しておいた方が良いかもしれません。
アクセスパネルへのログイン画面は、http://myapps.microsoft.com/となります。

 

※アクセスパネルでのパスワード変更設定方法

1)アクセスパネルにログインします。プロファイルをクリックすると、パスワードの変更とパスワードの再設定用に登録する、の2つのクリックができる画面が表示されます。
ここで、パスワードの変更をクリックすると、通常のパスワード変更画面に遷移しますが、「パスワードの再設定用に登録する」をクリックします。
ここで情報を登録することによって、パスワードを万が一忘れたとしても、通常はメール管理者にパスワードリセットをしてもらう必要があるのですが、自分で修正ができるようになります。

アクセスパネル

 

3種類の登録方法があります。認証用電話への登録・認証用電子メール(office365メールアドレス以外)の登録はしておいた方がいいですね。

アクセスパネル

 

Translate:

各種検索





アクセス数

  • 291現在の記事:
  • 567120総閲覧数:
  • 249今日の閲覧数:
  • 285昨日の閲覧数:
  • 2294先週の閲覧数:
  • 8740月別閲覧数:
  • 367364総訪問者数:
  • 233今日の訪問者数:
  • 264昨日の訪問者数:
  • 2057先週の訪問者数:
  • 7411月別訪問者数:
  • 261一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。