前提条件

 「Azure Active Directory Module for Windows PowerShell」をインストールしてください。

(参考)Windows PowerShell による Azure AD の管理〜Azure ADモジュールのインストール〜(Technet、2016.01)

詳細な初期設定については、こちらを参考ください。
また、Office365まとめ全般については、こちらを参考ください。いずれも当ブログ内です。

(参考)Exchange Online PowerShell への接続(Technet、2017.03.10)
(参考)AzureADHelp(Technet、2016.01)

Update…2017.04.25

PowerShellコマンド処理内容の記録化(保存)と終了 (→参考

Start-Transcript "C:\Temp\Transcript.txt"

PowerShell 上で任意の操作を行います。
終えるには、次のコマンドを入力します。

Stop-Transcript

 

Office365へのPowerShell初回接続は次の通り

$Cred = Get-Credential

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ 
-Credential $Cred -Authentication Basic -AllowRedirection

Import-PSSession $Session

※$Session = New-PSSession 〜 -AllowRedirectionは、1行で入力してください。
※セッションを切るには、

Remove-PSSession $Session

 

オンラインサービスへの接続

Connect-MsolService -Credential $Cred

※このコマンドは不要になったっぽい(確認中)

Translate:

各種検索





アクセス数

  • 208現在の記事:
  • 566338総閲覧数:
  • 79今日の閲覧数:
  • 363昨日の閲覧数:
  • 2219先週の閲覧数:
  • 7958月別閲覧数:
  • 366653総訪問者数:
  • 71今日の訪問者数:
  • 304昨日の訪問者数:
  • 1965先週の訪問者数:
  • 6700月別訪問者数:
  • 271一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。