オンラインストレージ「box」個人と法人でどう違うか?

  • 2014/3/18
box 個人向けと法人向けの違い

うちの会社も限定的でboxの採用が決まった。大きな決め手は、請求書払いができること、大容量、自由自在さ、等かな?
法人向けの1TBのBusiness、容量無制限のEnterpriseがあるが、personal向けの無償版を利用した上で、クレジットカード払いで法人向け?に切り替えることは可能。

今回のコラムでは、personal版とBusiness版の違いを探ってみた。機能比較については、こちらを参考のこと。

●Business版は、登録ドメイン専用の設定ができるようだ。

box 個人向けと法人向けの違い

personal版からBusiness、Enterpriseや、Personal版の有償版への切り替えも、「お金」さえあれば、簡単にできる。

box 料金表

1,018円/月で100GBであれば、1,527円/月の1TBのBusiness版がいいよね?と思うかもしれないが、Business、Enterpriseは、最低3人からだ。
そのため、法人用の判断としては、Businessは4,581円/月、Enterpriseは…おっと値段が書いていない。確か、1ユーザあたり4~5千円だった。

Businessのアップグレードをクリックした画面が次だ。ユーザーの選択は3~50ユーザーまでの選択があった。

box_3

その他に、http://●●●.box.com/ の「●●●」部分を無償版だと「http://app.box.com/」なわけだが、法人向けだと「●●●」部分を変更することができる。大してあまり面白くはないが、変更できるわけだ。しかも、1回設定したら終わりではなく、ころころと変更ができるわけだ。appでもいいような気がするが。

Businessでは、左上の「box」アイコンを変更できないが、Enterpriseでは画面のカスタマイズができるようだ。これだとちょっと面白みがあるが、画像の著作権等もあるため、変更ができるとしても、あまり面倒くさいところはしたくないのが本音かもしれない。

使いやすさは、容量だけではない。どれだけストレス無く利用できるか?ファイルの転送速度も気になるわけだ。

オンラインストレージサービスを転送速度で比較してみた2(WWW日記)から引用(一部修正)

オンラインストレージ通信速度比較

高速なKdriveは2014年2月28日(金)に無料版を、2014年8月29日(金)に有料版のサービスを終了となっているため、比較1(WWW日記)と比べるとKdriveが外れていた。

こう考えると、boxは非常に快適なサービスである、と言えるかも知れない。

personalとbusinessとで比較してみたが、そう大きな違いは見られなかった。探し方が悪いのか、まだ使いこなせていないというべきかもしれないが、ストレスの無い使い方ができる優れた製品に違いない。

あれ?テーマがちょっとずれてきた?失礼しました。

translation

検索窓








投稿カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アクセス数

  • 1993現在の記事:
  • 556172総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 300昨日の閲覧数:
  • 1893先週の閲覧数:
  • 6433月別閲覧数:
  • 357973総訪問者数:
  • 33今日の訪問者数:
  • 262昨日の訪問者数:
  • 1597先週の訪問者数:
  • 5617月別訪問者数:
  • 223一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。