Office365 訴訟ホールドを違うユーザで設定してしまった際のオーナー変更方法。

Office365 E3/E4、Exchange Online プラン2を利用しているユーザーは、訴訟ホールドが利用できる。(確か)
設定上、管理IDで設定するところ、自分のIDで訴訟ホールドをPowerShellで設定した場合、自分のIDが設定者となって、気分が悪い。これを戻す(管理IDで統一)させるには、どうしたらいいか?というコマンドです。

ちなみに、このLitigationHoldとは、メールに対しユーザーが証拠隠蔽のため削除したとしても、「訴訟、監査、司法調査の可能性があると判断された段階で、ディスカバリするプロセス」とのことだ。Office365では、ブルーバージョンから、インプレース保持という名前で機能を有している。BPOSの頃は、Exchage Hosted Archivesといった別システムのアーカイブシステムが別途あったりしていた。
(参考)訴訟ホールド(Litigation Hold/Legal Hold)に関して(リーガルテクノロジーブログ)

日本マイクロソフトのサービスリクエストからの回答に一部追記した形で報告します。

=========================================================
■LitigationHoldの状態把握する方法
=========================================================
<構文>Get-Mailbox -RecipientTypeDetails Usermailbox | select Name,LitigationHoldDuration

=========================================================
■1-1.個別のユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー変更を行方法
=========================================================
<構文>Set-Mailbox -Identity <ユーザーメールボックス名> -LitigationHoldOwner <オーナー設定希望ユーザー名>

=========================================================
■1-2・個別のユーザーメールボックスに対して、オーナー名の確認を行う方法
=========================================================
<構文>Get-Mailbox -Identity <ユーザーメールボックス名> | Select LitigationHoldOwner
=========================================================
■2-1.すべてのユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー変更を行う方法
=========================================================
<構文>Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox | Set-Mailbox -LitigationHoldOwner <オーナー設定希望ユーザー名>
=========================================================
■2-2.すべてのユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー名の確認を行う方法
=========================================================
<構文>Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox | Select LitigationHoldOwner,Name
<参考情報>